言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを探っていくブログです

言語聴覚士

小児の言語聴覚士(ST)も辛くなることがある。ダメなら転職。その理由って?

小児分野で働くSTが「辛くなる」のはどのようなとき?そういうときにはどうすればいい?それが解決しなけれが転職。STが仕事をやめる理由ってどんなものが多いの?

オンラインで研修を受けよう!言語聴覚士用web講座まとめ 

今回は言語聴覚士(ST)に役立つオンライン研修について紹介します。このオンライン研修、気軽に受けることができます。使ってみるとすごく便利です。言語聴覚士のオンライン研修はどのようなものがあるのでしょうか?

小児の言語聴覚士って?得意分野(専門領域)は?【子どもと関わるST】

言語聴覚士(ST)はどんなことをやっている職種なのか?子どもに関わりたいから小児分野のSTのことを知りたい!という人はたくさんいるはず。今回は子どものSTはどんな風に働いているのか説明をします。

子どもを叩いて後悔の毎日。親としてできることとオススメの本

自分の子どもを叩いてしまう。いけないのは分かっている。やめたい。ここでは止めるためのキッカケを説明&提案をします!ささいなことでもキッカケがあればなにかが変わるはずです。

放課後等デイサービスは他職種を受け入れるか?現場の意見と専門職加算

放課後等デイサービスで保育職以外の専門職が働くケースが増えています。話しには聞くけれど実際の現場ではどうなっているのでしょうか?放課後等デイサービスの専門職加算は実際の現場でうまく活用できているのか?を説明します。

障害や疾患、専門職の記念日があるのを知ってますか?【障害児】

障害児に関係する障害や疾患、専門職の記念日・啓発の日を紹介します。自閉症の日や言語聴覚士の日はいつだか知っていますか?記念日・啓発の日には様々な情報が手に入りやすくなります。障害や疾患、専門職の理解も深まります!

放課後等デイサービスの選び方!「子預かり」型を選ぶときのポイント

いろんなタイプがある放課後等デイサービス。そのなかの「子預かり」型。毛嫌いされることが多いタイプですが本当に悪い施設なのでしょうか?実際に放課後等デイサービスで働いている言語聴覚士がお答えします。

「できる」「できない」の二分評価をうまく活用する方法とは?

障害を持つ子どもを評価するとき「できる」「できない」で判断することがあります。二分的評価は支援者から嫌われることもあります。しかし使い方を工夫することで、子ども理解のツールとなります。その方法とは?

発達検査の結果は聞いた?説明を受ければ子どもへの理解が深まる!

検査を行ったからには結果が知りたい。そもそも発達検査の結果って誰がどうやって教えてくれるものなの?結果は教えてもあれるの?今回は内容は2つ。実際に検査を受けた人やこれから受ける人、もしくは検査を行う新人の人に向けて。

言語聴覚士(ST)がつらい!辞めたい!成人分野で嫌になったなら小児に転職しちゃう?

成人分野で働いてきたけど、もうつらい。せっかく国家資格を取ったからすぐにはやめられない。小児ってどうなの?そう考えているSTは意外と多いです。経験がないけど大丈夫なの?今回は職場を変えたいSTに向けたはなしです。

小児施設でPT、OT、STが働くときの気をつかうポイントはどこか?

専門職が小児の施設で働くときに、考え方の違う職種と一緒に働くためには、相手に気を使うことも必要。 どこに気をつかうとよいのでしょうか?今回は「保育職や保護者への助言」「専門職が忘れがちな視点」をまとめました。

オノマトペカードが面白い。使い始めて1ヶ月半がたった感想

合同会社まちとこさんの「オノマトペカード」を実際に使ってみました。今回はその感想(レビュー)です。 先日、このブログでオノマトペカードを紹介しました。 www.hana-mode.com 今回は、自分で使い続けてみた感想です。使ったといっても家でのはなしです…

新型コロナウイルスと放課後等デイサービス 第一波ではどうだったか まとめてみた

新型コロナウイルス対策として4月~5月に緊急事態宣言が出されました。放課後等デイサービスでは、どのような感じだったのでしょうか?その際、言語聴覚士には何ができたか、振り返ってみました。また、自宅待機、在宅勤務では何ができたのでしょうか?

言語聴覚士になるにはどこに行けばいいの?学校は?通信教育は?資格を持っている人数は?

言語聴覚士(ST)になるには?全部で何人くらいいるの?資格を取るには学校に通う必要があるのか?男女比は?などをまとめました。

オノマトペカードでことばを学ぼう!障害児でも健常児でも使える!

「オノマトペカード」は、どんなものか?使い勝手は?実際に買って、使ってみました。ことばの育ちがゆっくりな子や障害を持っている子以外の子にも使うことができます。何を決め手にカードを選ぶか?

障害児施設での医療行為。看護師に何をお願いすればよいのか?

医療行為のはなし。障害児が通う施設では看護師が医療的な行為を担当します。では、どこまでの範囲を看護師にお願いできるのか?保育スタッフはなにをやってよいのか?というはなしです。

子どもの麻痺って何?種類と介助方法を簡単に説明します

麻痺と聞くと脳卒中を思い浮かべると思います。事故や病変以外にも、先天的なものや脳性麻痺のような出生時にできる麻痺もあります。今回は特に子どもの麻痺についてです。

障害児と関わるときに知っておきたい歯の基礎知識とは?

歯の基礎知識 小児分野の言語聴覚士(ST)は、摂食嚥下に関わることが多いです。食事介助や調理の加工の方法は知っているけれど、歯のことは全然知らない、というSTはたくさんいると思います。そんなSTのために、もう一度、歯について復習をしましょう。 歯…

緊急事態宣言(1回目)終了。在宅勤務ST(言語聴覚士)はどうなったか?感想まとめ

はじめての在宅勤務、まだ終わっていないけれど感想をまとめてみた 緊急事態宣言が、日本の全地域で終了しました。今回、私は放課後等デイサービスで働く言語聴覚士(ST)として、期間中、在宅勤務をしていました。そこで感じたことをまとめてみました。 は…

「聞こえること」だけが「聞く力」ではない!聴覚の発達

「聞こえているけれど、理解できない」こんな子がたくさんいます。聞こえているのか、いないのか?判断に迷います。「音が聞こえる」と「音の意味が分かる」は違うのです。子どもの理解面を評価する際には欠かせない視点です。今回は、聞く力(聴覚)の発達…

「見えること」だけが「見る力」ではない!見え方の発達

「見る」とは「見えている」という視力の問題と「見て分かる」という視知覚の問題があります。「聞く」と同じです。今回は視覚を発達の面からみていきます。

人工内耳って知っていますか?障害児保育のスタッフも知っておきたいこと

耳の悪い子が「聞く」ためには補助具を使います。それが補聴器や人工内耳です。 人工内耳は補聴器に比べるとなじみの薄いですが、人工内耳ってどういうものなのか知っていますか?知っておくとよい知識をまとめました。

意外と多い中耳炎。障害児保育のスタッフが知っておきたいことをまとめました

放課後等デイサービスで働く人が知っておくとよいこと 中耳炎について 今回は中耳炎についてです。中耳炎は小さな子がかかることが多い耳の疾患です。放課後等デイサービスに通う子も、ときどき中耳炎になっていることがあります。ここでは、中耳炎について…

「イヤーモールド」のはなし【言語聴覚士が知っておきたいこと④】

イヤーモールド イヤーモールドとは、耳の型を採った耳栓です。補聴器業界にいないと全くお目にかからない「イヤーモールド」。言語聴覚士の方は覚えていますか?学生時代に習った、あれです。今回は、イヤーモールドについてです。 イヤーモールド どうやっ…

「補聴器」の基礎知識まとめ【言語聴覚士が知っておきたいこと③】

補聴器について 補聴器は電子機器で、様々な種類があります。その分類もいくつかの方法で分けることができます。かたちの違い、音の処理の仕方の違い、などなど。聴覚分野以外で働いている言語聴覚士の人は「もう忘れてちゃった」という方が多いかと思います…

吸引・排痰の基礎!医療職以外のスタッフが知っておいたほうがよい知識

吸引・排痰の超基礎知識。排痰ってなに?用語がややこしいんですけど・・・今回は、排痰(はいたん)についてです。吸引、吸入、スクイージング、ドレナージ・・・排痰の用語はたくさんあります。これらの用語は覚えなくてよいです。今回は排痰のイメージを…

言語聴覚士、在宅ワーカーになる。初めての在宅勤務で何ができるか?

放課後等デイサービスと言語聴覚士 私の勤めている施設も、新型コロナウイルス対策として、職員も勤務の形態が変わってきました。これまでは、時差出勤もしくは車出勤を自分で選べていました。私は自社出勤を続けていたのですが、緊急事態宣言発令後、在宅勤…

言語聴覚士が食事場面でみているポイント!新人STがおさえたい3つのポイント

言語聴覚士は食事場面のどこを見ているのか? 放課後等デイサービスでの「食事作り」で求められるもの② 放課後等デイサービスの活動として「食事作り」を行っているところも多くあります。昼食や夕食、おやつなどを自分たちで作って、実際に食べる。分かりや…

「スベラカーゼ」って何?とろみと違うの?実際に使ってわかったメリット(感想)

food care JAPANのゼリー食の素、ゲル化剤「スベラカーゼ」について。言語聴覚士の私も愛用しています。一般的に言われる「とろみ剤」とは少し異なります。こちらは「増粘安定剤」。お粥ってネバつきますよね?スベラカーゼを使えば、そのネバつきが消えます…

言語聴覚士の養成校(大学・専門学校)まとめ。資格を取るにはどこに行けばいいの?

言語聴覚士になるには?どんな学校に行けばいいのか?何年でとれるの?試験があるの?学校はどこにあるのか?まとめました。