言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

本の紹介

『感覚と運動の高次化理論からみた発達支援の展開』待ちに待った新刊です!

障害児施設で働く新人スタッフにおすすめの本を紹介します。感覚と運動の高次化理論の新刊が出ました。STやOTは読んでおくとよいと思います。もちろんそれ以外の保育スタッフもぜひ!

子育てでイライラするのは当たり前。怒ってばかりのあなたへおすすめの本。

障害があってもなくても、子どもに対してイライラしてしまうことがあります。イライラしているのは私だけ?養育者にとって悩みの種です。今回は、統計を交えて子育てについて考えていきます。

新人言語聴覚士(ST)が障害児のことを学ぶための本 まとめ

放課後等デイサービスで働いているSTが、はじめて小児分野で働く人のために本を紹介します。【発達】【障害(ASD、ダウン症など)】【療育】【食事(摂食嚥下)】【働き方】を中心に本を選んでみました。

言語聴覚士がおすすめする専門書。発達・支援に関するものをまとめました!

一人職場で働いていると、誰にも相談することができません。そのため、外部研修で他の専門家の先生方と交流するか、本を読むかしか、知識を蓄える場所がありません。 今回は、言語聴覚士の私が毎週のように買い込んで読んでいた本の中からおすすめのものを紹…

言語聴覚士がおすすめする専門書6冊 ④放課後等デイサービス

「放課後等デイサービス」に関する書籍3冊 はじめて放課後等デイサービスに携わる保育職の人にとって、役に立つ本です。PT、OT、STが読んでも、実際の放課後等デイサービスの障害児保育についてイメージしやすくなると思います。 「放課後等デイサー…

言語聴覚士がおすすめする専門書2冊 ⑤ことばのアセスメント

ことばのアセスメントには何を使う? 今回は、支援者が読んで知識を深める本ではなく、子どもの“ことばのアセスメント”で使用する本の紹介です。 『ことばのテストえほん(新訂版 言語障害児選別検査)』 日本文化科学社 検査法:4,320円 記録用紙 (2…

教材・教具関連の分かりやすい本です。言語聴覚士がおすすめする専門書(書籍)まとめ

障害を持った子と関わるときに玩具や教具は必須となるアイテムです。今回は教材や教具もお手本を知りたい。そんな時に助けとなる本を紹介します。

新版K式発達検査2001に関する良い本はないか?言語聴覚士がおすすめする専門書まとめ

発達検査の本を紹介します。マニュアルではなく結果をどう読み取るかの指南書?です。新版k式の2001。まだまだ現役のバージョンだと思います。検査を実施する人も結果を読み取りたい人も。。 読むと、数値の味方や結果の読み取り方が深まります。

言語聴覚士がおすすめする専門書2冊 ⑦「障害受容」と「保護者支援」

「障害受容」と「保護者支援」の本 障害を持った子どもと関わっていると、度々耳にすることばです。支援目標に「障害受容」が入ることがあるかもしれません。本当にケースバイケースなので「絶対、入れるな」とは言い切れません。しかし、もう一歩踏み込んで…

本の紹介(施設にはじめて専門職が来るとき)

本の紹介です。 小児の分野では、まだまだ認知度の低いコメディカル(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)。この本には、作業療法士が学童保育に来たことが書かれています。 『学童保育に作業療法士がやって来た 困った行動には理由がある作業療法士の視点…

ダウン症の本を紹介。言語聴覚士がおすすめする書籍まとめ

ダウン症に関する本ってなかなかないですよね。今回は、ダウン症に関する本を3冊紹介します。どの本も、言語聴覚士として持っているとよい知識が詰まった本です。