言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを探っていくブログです

新版K式発達検査の結果をまとめるときに役立つ本を紹介します

新版K式発達検査の本の紹介

今回は、発達検査の本です。マニュアルではなく、結果をどう読み取るかの指南書?です。今回は、新版k式のみです。 読むと、数値の味方や結果の読み取り方が深まります。

 

 

① 新版K式発達検査法2001年版 標準化資料と実施法

⇒おすすめ度 ★★★★★

検査教本の強化版とでもいうべき本です。黄色いオリジナルの教本に比べて、検査の実施方法が詳しく書かれています。教本代わりにも活用できます。少し値段が高いですが、余裕があればぜひ。

 

 

② 新版K式発達検査法2001年版(発達のアセスメントと支援)

 ⇒おすすめ度 ★★★☆☆

すべてではありませんが、検査課題に対する考え方や実例が書かれている本です。

  

 

③ 新版K式発達検査にもとづく発達研究の方法 操作的定義による発達測定

これも検査課題の目的などが書かれている本です。ただ、情報が古いです。改訂版が出ればそれも読んでみたいです。

 

 

④ 発達相談と援助 新版K式発達検査2001を用いた心理臨床

 ⇒おすすめ度 ★★★☆☆

 検査の流れや、子どもの捉え方などが全体的に書かれている本です。他の6冊と比較すると少し物足りない感じです。実際に検査を行わない人が読むのがよいと思います。

 

 

⑤ 新版K式発達検査反応実例集

 ⇒おすすめ度 ★★★☆☆

 タイトルの通り、検査時の子どもの反応の仕方からどう捉えるかが書かれています。実際に検査をする人や検査をまとめる人向けの本です。

 

 

⑥ 発達相談と新版K式検査

⇒おすすめ度 ★★★★★

検査結果の読み取り方が分かりやすい本です。「ブラインドアナリシス」と称してベテラン2人が検査結果だけをみて「どんな子なのか?」という評価・所見を述べるコーナーが面白いです。対談形式なのですが、途中、おかしな雰囲気になる箇所があり、こっちがハラハラしてしまいました。読み物としてもおすすめです。

 

 

まとめとして

今回は新版K式発達検査の本を紹介しました。上記の本、すべてに「納得!」とはなりませんが、検査を実施するときや報告書を作るときに活用できます。ぜひ参考にしてみてください。