言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

感覚と運動の高次化理論

Ⅳ水準(パターン知覚水準)とは

Ⅳ水準(パターン知覚水準)とは これまで1層(Ⅰ水準~Ⅲ水準)では、外の世界からの感覚刺激を徐々に受け取れるようになってきました。徐々に目や手も使えるようになり、「始点」から「終点」に向かって動くこともできるようになってきました。少しずつ自分…

Ⅲ水準(知覚運動水準)とは

ステージIII 知覚運動水準 これまでの段階では、比較的容易な感覚刺激である「触った感じ(触覚や固有覚)」や「揺れ(前庭覚)」といった初期感覚から情報を受け取ることがほとんどでした。Ⅲ水準になると、少しずつ目や耳を使うようになってきます。また、…

Ⅱ水準(感覚運動水準)とは

Ⅱ水準 感覚運動水準 前回は感覚と運動の高次化理論の1層Ⅰ水準について話してみました。今回は次のⅡ水準についてです。 Ⅱ水準 感覚運動水準 物に対して意識が向き始めるようになってくる 姿勢が大切 動きが止まるほど集中しているのか? 短くシンプルな流れ…

感覚と運動の高次化理論 用語集③(ま行~わ行)

​​​​​​​感覚と運動の高次化理論 用語集③ 誰の許可もなく、感覚と運動の高次化理論の用語集をつくってみました。 このページは「ま行」「や行」「ら行」「わ行」です。それ以外は下記のリンクへどうぞ。 ​あ行~さ行 ​ ​た行~は行 ​ ​ま行~わ行 ​ ​​ ま行​​…

感覚と運動の高次化理論 用語集②(た行~は行)

​​感覚と運動の高次化理論 用語集② 誰の許可もなく、感覚と運動の高次化理論の用語集をつくってみました。 このページは「た行」「な行」「は行」です。それ以外は下記のリンクへどうぞ。 ​あ行~さ行 ​ ​た行~は行 ​ ​ま行~わ行 ​ ​ ​​​ た行​​ ​ ​ た 第…

感覚と運動の高次化理論 用語集①(あ行~さ行)

​​感覚と運動の高次化理論 用語集 ​​​障害を持った子をみるとき、とても役に立つ【感覚と運動の高次化理論】。しかし、用語が難しくて、なかなか手が出しづらい印象があるのも確かです。そこで、今回、保育職でも分かりやすいように、用語集・キーワード集を…

感覚と運動の高次化理論について③(子どもはどうやって外界を捉えている?)

外の世界をどう把握しているのか? 感覚と運動の高次化理論では、様々な発達を段階的にみることができます。しかし、「〇歳には□が出来るようになる」といった年齢は明記されていません。皆さんもご存知の通り、発達段階の年齢は個人差が大きく、子どもによ…

感覚と運動の高次化理論について②(感覚?認知?)

障害が重い子のものごとの捉え方 発達が初期段階の子を理解しようとするとき、その子の様子をどのように捉えたらよいのか迷ってしまうことがあります。支援者から玩具を渡しても、声かけをしても反応がない。でも、なんだかわかっていることもありそうな気が…

感覚と運動の高次化理論について①(感覚と運動の高次化理論を使ってみよう)

感覚と運動の高次化理論について 子どもの発達を捉えるための理論はたくさんあります。しかし、障害を持った子にみられる発達の凸凹や、発達の領域ごとの差(個人内差)を読み取る理論は意外と少ないです。そのなかでも、今回は「感覚と運動の高次化理論」に…

「気持ち」も発達ってあるの?「感覚と運動の高次化理論」から見た気持ちの発達

目の前にいる人へ意識が向いているか? 発達が初期段階の子は、人へ意識を向けることが苦手です。 「目の前にいる支援者が好きではないから」意識を向けない、という理由もあるのかもしれません。しかし「意識を向けない」という要因には、それ以上に、もっ…

発達初期の子が身体を通して「自分」と「自分以外」に気づくために

認知発達は頭や心だけの問題ではない 発達には様々な領域があります。「認知発達」や「身体発達」「対人関係」など。子どもに苦手な部分があると、その苦手な部分にだけターゲットを絞って訓練・指導・アプローチをしてしまいがちです。たとえば、すぐに気持…

自分の外側には「世界」があることに気づいていない発達初期段階の子

自分を取り巻く世界に気づく? 外の世界というのは、自分よりも外側(自分以外)の物事のことです。少しわかりにくいですが・・・私たちは普段から無意識的に外からの情報を取り入れています。 ・目の前でボタンが光っている ⇒ 押してみよう ・あの人は怒っ…

Ⅰ水準(感覚入力水準)とは

【感覚と運動の高次化理論】とは? 「感覚」と「運動」を使いながら、外の世界で起こっていることや原則を理解し、それを深めることで「発達」の段階を進めていくものです。 障害を持っている子は、どこかしらの発達段階でつまずくことがあります。そのため…