言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

肢体不自由児・重症心身障害児

医療的ケア児 と 障害児 の違いは? 超重症心身障害児は同じ意味?

最近、よく耳にする「医療的ケア児」。「障害児」となにが違うのでしょうか?医療的な治療(ケア)が必要なことは、なんとなく分かるけど・・・。ここでは「医療的ケア児」について考えつつ、「障害児」の違いをまとめていきます。

NICUとGCU 違いは? 子どもたちが生まれてすぐに治療するところ

NICU、GCU。違いは?特別支援学校や放課後等デイサービスに通っている子のなかにも、周産期に病院で治療を受けていた子がいます。そこでよく使われることばです。その他にも、ICU、PICUとは何なのでしょうか?

筋ジストロフィーの子と障害児保育。放課後等デイサービスで どんなことを気をつければいいの?

障害児と関わっていると、様々な障害や疾患の子たちと会うと思います。例えば、進行性の疾患。特に筋力が低下してくるものの場合、他の障害の子たちと同じ保育目標にしてしまうとうまくいかないことが多いです。障害の質が違うからです。今回は、筋ジストロ…

放課後等デイサービスと医療行為。看護師に何をお願いすればよいのか?

医療ケア、医療行為と放課後等デイサービスのはなし 近年、医療的なケアが必要な子が増えてきています。そのため、生活を中心とした放課後等サービスでは、医療的ケアを行える人が必要になってきています。「重心指定」という指定を国から受けている施設であ…

肢体不自由の子の筋緊張について【放課後等デイサービスのスタッフが知っておきたいこと】

緊張?筋緊張? 肢体不自由の子と関わるときに、避けては通ることができない緊張・筋緊張の問題。 筋緊張が強過ぎて泣き出す子や、逆に弱過ぎてひとりで座っていられない子など・・・。子どもによって様々です。私たちは、そんな子たちに何をしてあげられる…

麻痺の種類、リスク、介助など まとめ。麻痺について学び直してみた

麻痺について 今回は麻痺についてです。麻痺と聞くと脳卒中を思い浮かべると思います。事故や病変以外にも、先天的なものや脳性麻痺のような出生時にできる麻痺もあります。 関わることの多い「麻痺」について復習していきましょう。 麻痺について 麻痺とは …

兄弟(姉妹)に障害児がいる子たちに対して何ができる?(きょうだい児の問題)

「きょうだい児」って何ですか? 今回は、障害を持つ子の兄弟姉妹のはなしです。 「きょうだい児」って何ですか? 1)きょうだい児ってなに? 2)きょうだい児が抱える問題 ①自分のことを見てもらいたい"きょうだい児"たち ②他人に話してよいのか? ③自分…

保育職が知っておきたい、放課後等デイサービスでの「吸引」の知識まとめ

「排痰ってなに?用語がややこしいんですけど・・・」今回は、排痰(はいたん)についてです。用語がたくさん出てきます。「吸引」?「吸入」?「スクイージング」?「ドレナージ」?用語は覚えなくてよいです。排痰のイメージを持ってもらえればOKです。…

「重症心身障害」と「重複障害」と「重度・重複障害」。違いは何だ?

「重症心身障害」と「重複障害」と「重度・重複障害」 今回は、脳性麻痺についてです。障害児分野でも関わる機会の多い脳性麻痺。全く同じ症状の子は、ほぼいません。脳性麻痺という概念は広すぎるため、様々な子たちが含まれているからです。身体障害者手帳…

障害児保育で玩具(教材教具)を選ぶときのポイント

教材教具について 教材教具と聞くと「学校教材」や「お勉強」が思い浮かぶと思います。ここでいう教材教具とは、いわゆる玩具のことです。「玩具にあるような光って音が出て・・・」という複雑なものではなく「箱に玉を入れるだけ」のようなシンプルな玩具で…

意外と持っている子が多い。肢体不自由児特有の「不安」

不安にもいろいろな要因がある 肢体不自由児と関わっていると、教科書には載っていないことに出くわすことが度々あります。今回は【不安】について。 保育士の方から教えて頂いたことをいくつか紹介したいと思います。 放課後等デイサービスの活動の中で、肢…

姿勢の名前と種類。肢体不自由の子が遊びやすい姿勢(体位)とは?

肢体不自由の子の“姿勢”について 身体の自由がきかない子と一緒に遊ぶときに、どういう姿勢にしてあげればよいのか迷うことがあると思います。一度、姿勢の名前と特徴を整理していきます。 肢体不自由の子の“姿勢”について Ⅰ 姿勢の種類 1)座った姿勢 2)…

肢体不自由児の発達検査・評価

どんな検査を実施するのか? 肢体不自由を持っていて、かつ知的障害があると、うまく検査を出来ないことがあります。普段、自閉症やその他障害の子には新版K式発達検査を使っているけれど、重症心身障害児には上手く使えないというケースです。 他の施設の…