言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

2019-03-31から1日間の記事一覧

障害を持った子の食事介助④「食べる機能の順番」

食事介助をしていると、スプーンや箸の使い方が目についてしまいます。食べる機能は無視して、食具の使い方を指導し始めている人もいます・・・。今回は「食べる機能」についてのはなしです。指導の際に、何に気を付ければよいのかまとめました。

障害を持った子の食事介助③「見守り・一部介助」

障害を持った子の食事介助は、全介助ばかりではありません。特に肢体不自由児以外の子にも多い支援に、「見守り」や「一部介助」があります。ここでは何を気を付けていけばよいのでしょうか。

障害を持った子の食事介助②「ムセと誤嚥の違い」

「ムセ」と「誤嚥」の違いは何でしょうか?食べている最中に、急に咳き込むことがあります。この咳込みが“ムセる”という状態です。この「ムセる」ことは危険だと考えがちですが、一概にそうとは言い切れません。

障害を持った子の食事介助①「食事介助って何?」

障害を持った子の食事介助は、成人の分野とは少し違います。なぜなら「発達」という考え方が入ってくるからです。食事機能の獲得を視野に入れながら支援を行っていく必要があります。ここでは「食事介助」について考えていきます。

意外と持っている子が多い。肢体不自由児特有の「不安」

不安にもいろいろな要因がある 肢体不自由児と関わっていると、教科書には載っていないことに出くわすことが度々あります。今回は【不安】について。 保育士の方から教えて頂いたことをいくつか紹介したいと思います。 放課後等デイサービスの活動の中で、肢…

姿勢の名前と種類。肢体不自由の子が遊びやすい姿勢(体位)とは?

肢体不自由の子の“姿勢”について 身体の自由がきかない子と一緒に遊ぶときに、どういう姿勢にしてあげればよいのか迷うことがあると思います。一度、姿勢の名前と特徴を整理していきます。 肢体不自由の子の“姿勢”について Ⅰ 姿勢の種類 1)座った姿勢 2)…