言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

障害児保育で玩具(教材教具)を選ぶときのポイント

教材教具について

教材教具と聞くと「学校教材」や「お勉強」が思い浮かぶと思います。

ここでいう教材教具とは、いわゆる玩具のことです。

「玩具にあるような光って音が出て・・・」という複雑なものではなく「箱に玉を入れるだけ」のようなシンプルな玩具です。

なぜかというとシンプルな方が子どもが理解しやすいからです。

いろんな仕掛けがある玩具の方が楽しいのでは?と大人は考えがちです。障害がない子であれば、それでもよいのでしょう。

しかし、障害があると理解や操作をすることが難しいケースが多くあります。そのため、複雑な玩具を提示しても触って終わり、口に入れて終わり、という遊び方になりがちです。

今回は、そんな教材教具についてです。

 

 


なぜ教材教具を使うのか

玩具を使う理由は「楽しく遊ぶため」だけではありません。遊びを通して様々なものに気づいていくことが目的です。始まりや終わり、前後・左右・上下などの空間など、これまで気づいていなかったものに気づくことで、周囲にある情報を捉えやすくなります。これらは生きていくための基盤となる力といっても過言ではありません。


①外からの情報をうまく取り入れる

障害があるために周囲からの情報をうまく取り入れられない子どもたちがいます。

・物事の変化に気づかない
・いつ始まったのか、いつ終わったのかが分からない
・ものが同じなのか違うものなのかが分からない
・音や声、他者の身振り等の意味が分からない


そういった状態にある子は、一見、ぼんやりしている、周囲からの刺激を遮断している、という評価をされがちです。

物事の変化に気づくことができなければ、外の世界にある「楽しさ」にも気づけません。そのため、“すりガラス”に囲まれているような状態ということができます。

そんな子たちが、外の世界(外界)との関わり方を学ぶためのツールとして玩具(教材教具)を使っていきます。

玩具を使うということは、手や目など身体の感覚を使うことです。また、操作をすることで身体を動かします。

 

 

②人と関わるための第一歩

物を使うときは、はじめは一人で玩具に向きあいます。それが徐々に他者の介入も受け入れられるようになり、そして他者と一緒に遊ぶこ とができるようになります。

そういった「子ども―もの」「子ども―他者」という「自分 対 その他(2項関係)」から



「子ども―もの―他者」という「自分 対 その他 対 さらに別のもの(3項関係)」



へとつなげるようになります。

今まで、自分だけの世界にいたのが、徐々に他者へと意識が向けられるようになるのです。

物(教材教具や玩具)を使って、さらに感覚を受け入れたり手や身体を使う経験を積むことが、人間関係を深めていくことにもなります。

コミュニケーション面が苦手な子には、直接、対人関係の発達を促すための練習をさせがちです。

しかし、それだけではどうしても越えられない壁が出てきてしまいます。その壁を越えるために、足元を底上げしていく。多方向からアプローチを行うことが大切です。

物を使って認知面や操作面などの発達を促していく。それが対人コミュニケーション面の発達へとつながっていく。

 

 

子どもに合った教材教具やその使い方を提供する

同じ玩具でも、子どもによって「楽しさ」は異なります。それは、玩具の楽しさは発達段階によって変わるからです。 

 


①発達が進むことによって注目できる個所や範囲が広がる

 例えば、一枚の絵を見るとき。
はじめは一か所だけに目が行ってしまい。それが、部分部分のつながりを捉えられるようになっていくことで、全体の意味に気づき、新た
な「楽しさ」が分かるようになります。

 


②同じ玩具でも違った意味を持ってくる

例えば、棒さしやペグさし。
はじめは、棒を穴に刺すだけで満足でした。それが、棒の長さや太さの違いや、縦や横の方向に気づいたりするようになります。「これ、
分かる!」という種類が増えるということは「楽しさ」が増えるということです。

 

 

まとめ

①教具・玩具の重要性

発達初期や自閉症の子のなかには「いま、ここで」何をすればよいのかが分からない子がたくさんいます。自分のやること、いる場所に気づくことで気持ち(情緒)が安定します。どんな良いアプローチだとしても、その子の気持ちが崩れていたら何も得られません。まずは気持ちから。そんな土台作りに貢献してくれるのが教材教具なのです。

また、教材教具を扱うには手や目を使うことが必要です。それらを使う際には、目で動きをコントロールすることを学習していくのです。

 

発達臨床における教具の果たす役割

①教具使用が情緒の安定に貢献すること
②教具は手と目の協応を育て、認知・言語の発達の基礎となること
③教具は多面的な発達支援に貢献できること
④発達に対応した教授法の必要性

感覚と運動の高次化による発達臨床の実際 P.95-96
宇佐川 浩 (学苑社/2007)

  

②教材教具を使う際のポイント

教材教具を使う際のポイントは、対象物が見やすく、手を伸ばしやすい姿勢を作ることが大切です。また、どうしても大人からの指示は複雑になりがちなので、意識的にシンプルにすることを心がける必要があります。

また、教材教具、玩具を選ぶ際も同様です。多機能な玩具=子どもにとって魅力的なもの、とはいえないケースがあることを忘れてはいけません。

  

重度重複障害児の認知学習において留意すべきポイント

①学習に意識を向けやすい姿勢を工夫していくこと
②子どもの視線の向きに着目した教材提示をすること
③子どもがすべきことが分かりやすい支援
( 環境の整理・応答性の高い教材・明確な教示 ) をしていくこと

重度重複障害児の認知発達を促す授業づくり
-肢体不自由特別支援学校における教材と指導法の開発-
 武部 綾子* 新田 賢司*
http://www.human.tsukuba.ac.jp/snerc/_userdata/06%E9%87%8D%E5%BA%A6%E9%87%8D%E8%A4%87%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%85%90%E3%81%AE
%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%99%BA%E9%81%94%E3%82%92%E4%BF%83%E3%81%99%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A.pdf

 

 

 

次回は、例えばどんな教材教具があるの?という話しです。