言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

2019-02-16から1日間の記事一覧

優しい気持ちになれるはなし (障害児保育のいいはなし)

とある保育スタッフの「大切にしていること」 私は、普段から、保育職と一緒に活動をしています。 話しをする機会も多いです。今回はその中で、心に残った話しです。 ① 楽しく過ごしてほしい 先日、保育スタッフと「保育で大切にしていること」について話し…

餅は餅屋 -どの職種に何をお願いするか-

保育職は子どもを全体的に支援するのだけれど 障害を持っている子と関わっていると、「何とかしてあげたい」と感じることがあると思います。しかし、“何にでも”首を突っ込んでしまうのも考えものです。 例えば、薬や医療的ケアについて。施設に看護師がいる…

放課後等デイサービスでの「食事作り」でSTが求められるものは?

資格を取ってからの方が覚えることが多い? 小児通所施設では、意外と摂食嚥下の相談が多いです。 しかし、STが養成校で習うのは9割方「成人の摂食嚥下」についてです。 国家資格を取ってから、さらにセミナーに参加したり、自分で勉強していかないと何もで…

感覚と運動の高次化理論について③(子どもはどうやって外界を捉えている?)

外の世界をどう把握しているのか? 感覚と運動の高次化理論では、様々な発達を段階的にみることができます。しかし、「〇歳には□が出来るようになる」といった年齢は明記されていません。皆さんもご存知の通り、発達段階の年齢は個人差が大きく、子どもによ…

感覚と運動の高次化理論について②(感覚?認知?)

障害が重い子のものごとの捉え方 発達が初期段階の子を理解しようとするとき、その子の様子をどのように捉えたらよいのか迷ってしまうことがあります。支援者から玩具を渡しても、声かけをしても反応がない。でも、なんだかわかっていることもありそうな気が…

感覚と運動の高次化理論について①(感覚と運動の高次化理論を使ってみよう)

感覚と運動の高次化理論について 子どもの発達を捉えるための理論はたくさんあります。しかし、障害を持った子にみられる発達の凸凹や、発達の領域ごとの差(個人内差)を読み取る理論は意外と少ないです。そのなかでも、今回は「感覚と運動の高次化理論」に…

「気持ち」も発達ってあるの?「感覚と運動の高次化理論」から見た気持ちの発達

目の前にいる人へ意識が向いているか? 発達が初期段階の子は、人へ意識を向けることが苦手です。 「目の前にいる支援者が好きではないから」意識を向けない、という理由もあるのかもしれません。しかし「意識を向けない」という要因には、それ以上に、もっ…

発達初期の子が身体を通して「自分」と「自分以外」に気づくために

認知発達は頭や心だけの問題ではない 発達には様々な領域があります。「認知発達」や「身体発達」「対人関係」など。子どもに苦手な部分があると、その苦手な部分にだけターゲットを絞って訓練・指導・アプローチをしてしまいがちです。たとえば、すぐに気持…

発達初期段階の子。自分の外側には「世界」があることに気づいていない?

発達が初期段階の子は「自分」以外の存在に気づいていないことがあります。そのため、周囲からの声かけなどに反応しない、というようなことが起こります。障害が重い子の中には、発達が初期で止まっている子もたくさんいます。自分以外(自分の外の世界)に…

障害児への評価。高過ぎてもダメ、低すぎてもダメ。何を基準に判断する?

高過ぎる評価と低すぎる評価。「できる」「できない」に騙されない 今回は、障害を持つ子を評価するときに、 高すぎる評価をしていないか? 逆に低すぎないか? というはなしです。 高過ぎる評価と低すぎる評価。「できる」「できない」に騙されない 「子ど…

保育と療育。障害児保育とは何なのか考えてみた

言語聴覚士(ST)が放課後等デイサービスで働き始めると、まず躓くのが保育と療育、訓練の違いだと思います。この違いは何なのでしょうか?ここをしっかりと押さえておかないと、働き辛くなります。

目の前に見えるものだけ支援をするのではない

何に向けた支援なのか? 肢体不自由の子が歩けるようになるケースがあります。 歩けそうな子に対して、真っ先に「独歩」を保育の支援目標することがあります。 この「歩ける」というのは難しい問題だと思います。自分で歩けようになるということは、今まで座…

ジェネラリストとしての保育士・保育職

放課後等デイサービスにはたくさんの職種がいる 放課後等デイサービスには様々な職種が介入しています。そのすべての職種を把握していますか?もしもあなたが保育職なのであれば、保育職の専門性って何だと思いますか? 放課後等デイサービスにはたくさんの…

いざ京都へ!~発達検査を学びに~

いざ京都へ 今年の1月に一人で京都へ行ってきました。 京都だけれど・・・観光ではなく、とある発達検査の勉強のためにです。 全4日間の講習会なので、もちろん泊りです。研修会登録から実際に行けるまで1年以上待ちましたが、行けてよかったです。参加者は…

発達検査で出た発達年齢を放課後等デイサービスでどう扱うか?

検査前後で気にすること 検査前後で気にすること いろいろと気を遣う「発達検査」 検査後にもやることはいっぱい 発達年齢の扱い方 「発達年齢」を活用していますか? ひとつの基準としての「発達年齢」 いろいろと気を遣う「発達検査」 保護者やスタッフの…