言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

高過ぎる評価・低すぎる評価をしていませんか?

理解する力 -高過ぎる評価と低すぎる評価- 

「子どもの行動の理由」どうやって判断していますか?

 支援者の声かけや質問に対して、妙にタイミングよく返事をする子がいます。いいタイミングで返事をしたり笑ったからといっても、その子が質問の意味を理解しているとは言い切れません。支援者が言ったことばの中の「自分が知っている単語」に反応しただけかもしれません。支援者の言い方が面白かったから笑ったのかもしれません。もしくは、その子にとって好きな人が喋ったから笑ったのかもしれません。

 

 

子どもの力を高く見積もっていませんか?

子どもの理解の力を現状よりも高く見積もってしまうと、大人は無意識のうちに、子どもが持っている能力よりも難しいものを要求してしまいます。

また、会話をしている時に笑っていても、実は理解できていないまま置いて行かれていることもあります。大人が良かれと思って高い評価をすることによって子どもに無理を強いている可能性もあります。子どもの特徴や現状を念頭に置いて支援を行う必要があります。普段関わっている子の能力を低く評価したくないという気持ちは分かりますが・・・。

 

 

子どもの理解力を現状よりも低く見積もってしまった場合は?

 この場合は、

「どうせ理解できていないから、この子に何を言っても無駄ね」

「大人に言われたことだけやればいいの」

という風に、子どもの人格を無視した支援(?)になりかねません。

 

 

どちらにもより過ぎない評価をするには、どうすればよいのか?

ひとつの場面、その時の状況だけで、見た通りの評価をしてしまうと評価がうまくいきません。例えば、食事介助で、支援者が食べ物をあげればあげるだけ食べる子がいるとします。この子に対して「食べるのが好きなのね」という評価をしてしまいがちです。もしかしたら「口元にスプーンが来たので口を開けている状況」なのかもしれません。「介助者が次から次に口に食物を持ってくるので仕方がなく食べている状況」なのかもしれません。

発話やサインがない子や発達初期の子の場合、支援者が子どもの様子や前後関係から、気持ちや意図を読み取る必要があります。子どもの理解する力を評価する際、「もしかして・・・」と別の角度から、もう一度、見直してみてください。新たな発見があるはずです。

 

201791投稿