言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

「聞こえること」だけが「聞く力」ではない!聴覚の発達

聴く力とは?

 

 

「聞こえているけれど、理解できない」

こんな子がたくさんいます。聞こえているのか、いないのか?判断に迷います。

「音が聞こえる」と「音の意味が分かる」は違うのです。子どもの理解面を評価する際には欠かせない視点です。

今回は、聞く力(聴覚)の発達段階をおさえつつ、発達障害や発達が初期段階の子の「聞こえづらさ」をみていきたいと思います。

 

 

 

1)聞くとは

 

私たちは、特に意識をすることなく声や音を聞いて、その意味を理解しています。

何かを見るには、自分で物に目を向けることが必要です。しかし、音は本人が意識しなくても耳に入ってきます。

障害を持っている子は、聴力に問題がなくても、様々な原因から「聞こえにくさ」「聞き取りづらさ」を感じていることがあります。


●注意の問題

・注意が逸れてしまうから指示を最後まで聞くことができない

・指示や質問の一部分しか聞き取れていない


●記憶の問題

・聞いても覚えていられないので行動にうつせない

 

●情緒の問題

・物や状況を見て理解できないから気持ちが崩れる

 

●感覚の問題

・嫌な音が多いので、何も聞きたくない

 

この子は聞いているけれど、本当に「分かって」聞いてる?

それを知るためには、様々な視点から考えていく必要がありそうです。

 

 

2)耳の発達

 

「聞こえ」の発達

 

胎生21週

蝸牛の中にある音を感知する器官のひとつである、コルチ器が完成する 

 

胎生28週

聴覚に関係する反射の機能が出てくる

  

出生前後 

脳(聴皮質)での音の処理が始まる

 

 

生後0~3ヶ月

⇒1~3m先にいる人が大声を出せば聞こえる

 聴力:60~70db

・生後2~3ヶ月頃から、心地よい音や声に対して泣き止む、笑う、手足を動かす、声で応えるなどの情緒的反応がみられるようになる

 

 
生後3~7ヶ月

⇒3m先にいる人が普通の声で喋ればって聞こえる

 聴力:50~60db

・音の方を向く、探す、目を動かす。左右の音源(音のする方)へ顔を向ける

 


生後7~9ヶ月

⇒3~10m先にいる人が普通の声で喋って聞こえる

 聴力:40~50db

・左右、下方から聞こえる音に反応する。左右であれば、すばやく探すようになる

 

  

生後9~1歳4ヶ月

⇒10m先にいる人が普通の声で喋って聞こえる

 聴力:30~40db

・左右、上下から聞こえる音に反応する。左右、下であれば、すばやく探すようになる。

・生後10ヶ月頃までは、どんな国のことばも聞き分けられていた。それが日本語(母国語)に限られるようになる

 

1~2歳
⇒5m先にいる人のささやき声が聞こえる

 聴力:20~30db

・左右、上下あらゆる方向の音を、すばやく探すようになる

 

 

1~2歳でようやく大人と同じくらい聞こえるようになります。

障害を持った子でも、脳(聞こえを司る部分)に障害がなく、耳から脳への通路に奇形がなければ、健常児と同じくらい聞こえます。

ただし、知的な遅れがあると、「音が聞こえる」状態であっても「その音の意味」に気づいていないことが多いのです。

ex.「遠くから低いブーンという音が聞こえた」「目の前の人が何か言っている」

 →聞こえるけど、意味が分からない

 

これが「音が聞こえる」と「聞こえたことが分かる」の違いです。

 

 

 

障害を持つの子の聞こえ方

 
次は、障害を持つ子が感じる「聞こえづらさ」について考えていきます。

 

1)発達障害の子の聞こえの症状

 

発達障害の子に多いのが下記のような問題です。

 

聴覚情報処理障害に見られる聴覚症状

・聞き返しが多い

・聞き誤りが多い

・雑音があるところでは聞き取りが難しい

・早口や小さな声では聞き取りしにくい

・目に比べて耳から学ぶことが難しい

・長い話になると注意して聞き続けるのが難しい

音声言語医学 vol.56 2015
聴覚情報処理障害の評価と支援
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlp/56/4/56_301/_pdf

  

知的障害の程度によっては「理解できているのか?」という根本的な問題があります。

しかし、上記の問題点は、知的に遅れがなくても出やすいものです。

 


音量が一定に聞こえる

 

発達障害の子のなかには、聞こえてくる音、すべてが同じ大きさに聞こえているケースがあります。

隣にいる人の声だけでなく、周囲にいる人の声も風の音、周囲の鳥の鳴き声も、すべてがです。

するとどうなるのか?

音が他の音と干渉して、打ち消すので、聞きたい音を聞き取れなくなります。

なので、周囲の環境は注意する必要があるのです。


注意が続かない

 

気が逸れやすい子は、指示を最後まで聞けていないことがあります。

「玩具箱に入っている白いウサギの人形を持ってきて」

とお願いしたとします。しかし、持って来たのは玩具箱を丸ごと持ってきた。

その場合は、文の頭の「玩具箱」しか聞いていなかったと判断することができます。

復唱してもらうと、理解度が見えやすくなります。

 


記憶の問題

 

理解できていそうだし、復唱もできている。それでも、途中で分からなくなっている。


記憶の問題が考えられます。

・一つのことしか覚えておけない

・覚え続けるのが難しい


音はすぐに消えてしまいます。なので、絵カードなどの「すぐには消えないもの」を併用します。

 


過敏の問題

 

聴覚的な過敏があるために「聞くこと」が難しいケースがあります。

 

www.hana-mode.com

 

 

2)発達が初期段階の子の聞こえ方


発達が初期段階の子(障害が重い子)が音に気づいて立ち止まっていることを見たことがありますか?

歩いているとき、風の音が聞こえた。立ち止まって音に集中しているように見えます。

このとき、大人は「○○ちゃん、この音が好きなのね」という評価をしてしまいがちです。

実際には「自分の感覚器を1つずつしか使えない」ので、動きを止めて耳を傾けるしか方法がない、という状態なのです。

使える感覚器は、耳なら耳だけ。動くときは見られないし聞こえていないのです。

そのため、子どもが動きを止めているときに声をかけると気づきやすいです。

発達が初期の子は、動きや反応が少ないです。

何回も同じ行動をする=好きとは限らないことがあります。

それが好きなのか、そうではないのか?

発達を踏まえてみてみると、少し評価しやすくなります

 

 

 

まとめとして

 

●指示を理解できているのか?を判断したいときの注意点

「ことば(音声)」だけで指示を出すようにします。私たちは、身振りや指差し、目線を使いながら、ことばで指示を出しています。

これは、無意識的に身振りなどのヒントを出している状態です。

子どもはこれを読み取って判断しているケースがあります。結構、多いです。

大人は、それに気づかず「よく分かったね!すごいね!」と、大絶賛。そして高評価をつける。

いま、自分はどのような支援を行おうとしているのか?

・普段はヒントを多く使って、子どもが理解しやすくする

・評価するときは、意図的にヒントを少なくする

自分がどうやって声をかけているのか?それを振り返ってみると、色々見えてきます。

 

 

 

 

 あわせて読みたい

www.hana-mode.com

 

 

参考資料


深谷市HP
http://www.city.fukaya.saitama.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/31/souon_ookisa.pdf


音声言語医学 vol.56 2015『聴覚情報処理障害の評価と支援』
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlp/56/4/56_301/_pdf