言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

運動発達の年齢がややこしいのでまとめてみた。粗大・微細運動の発達

運動発達

 

 

動きの発達といっても、粗大運動、微細運動など様々な運動があります。私たちが普段気にしていないことが重要となってきます。とてもやこしいです。個人差も大きい。ここでは動き関する発達年齢をまとめました。

 

 

 

子どもの発達期の区分

一般的には下記のような区分で分けられています。

新生児期  生後28日(4週)
乳児期   誕生~1歳
幼児期   1~6歳
学童期   6~12歳

 

 

粗大運動

⇒ 運動の発達 

3ヶ月  : 定頸(首がすわる)
7ヶ月  : 寝返り
8~11ヶ月 :  座位保持
10ヶ月 : つかまり立ち
13ヶ月 : つたい歩き
14ヶ月 :  立位
15ヶ月 :  ひとり遊び
1歳半~2歳 :  つかまって階段
4歳   :  片足立ち
5歳   :  片足飛び、ケンケン
6歳   :  スキップ

 

 

 

微細運動

⇒ 細かな手の動きの発達

◆つかむこと

3ヶ月 :意識的につかむ 
5ヶ月    :見たものをつかむ
        協応運動OK
7~8ヶ月  :親指と他指でつかむ
9~10ヶ月 :親指と小指でつかむ
12~15ヶ月:積み木を2個積む
1歳半 :積み木を3~4個積む
2歳
  :積み木を5~8個積む
3歳  :積み木でトンネルを作れる 
4歳  :積み木で山を作れる
5歳  :積み木でロボットを作れる
6歳  :積み木でロケットを作れる

 

◆絵を描く

14~16ヶ月:自発的ななぐり書き
3歳  :縦の線を真似て書ける
3歳半頃:○を真似て書ける
4歳半頃:□を真似て書ける
5歳  : 人物画を描く

 

 

◆社会性・生活習慣 

2ヶ月 :あやすと笑う
4ヶ月    :いないないばあで笑う
5~6ヶ月:母親と他人に区別がつく 
7~8ヶ月:人見知りをする
9~10ヶ月:大人のマネをする 
11~12ヶ月:求められると物を渡す
16~18ヶ月:排尿後に教えてくれる
22~2歳  :排泄後に教えてくれる
3歳  ケンカをすると大人に言いつける
4歳    : 負けると悔しがる
5歳    :いけないことを他児に注意する
6歳    :組織だった遊びで数人の子と遊ぶ

 

  

その他の発達 

◆食事の発達

www.hana-mode.com

 

 

◆ことばの発達

www.hana-mode.com

 

 

 

まとめとして

発達年齢は資料によって前後しています。これは元となっているデータが異なるからです。また「〇歳にできる」といってもその年齢の100%の子ができるのと50%ができるのでは違ってきます。もしも資格試験の勉強で発達年齢を調べたいのであれば、過去問で使われている文献のデータで覚えるのが一番です。

 

 

 

参考資料

◆小児科学・発達障害学 言語聴覚士のための基礎知識 

小児科学・発達障害学

宮尾益知/二瓶健次 医学書院 2004年04月16日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

◆図解言語聴覚療法技術ガイド 

図解言語聴覚療法技術ガイド

深浦順一/長谷川賢一 文光堂 2014年11月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

  

◆子ども家庭総合評価票記入のめやすと一覧表
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/000348513.pdf