言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

放課後等デイサービスで働きはじめたら何から勉強していけばいいの?◆言語聴覚士編

新人STへ  働き始めてから、まず考えること

新しく放課後等デイサービスで働きはじめた言語聴覚士(ST)は、いろいろ悩むことも多いと思います。その中のひとつ「何から学べばいい?」という話しです。

 

 

改めて「小児」の言語聴覚士について考えてみる

言語聴覚士は「聞こえ」「飲み込み」「ことば」を対象としたリハビリ職 / コメディカルです。具体的にいうと、

 

◆聞こえ

→聴覚障害の子に対する訓練・指導、聴能訓練、補聴器・人工内耳の調整・指導などです

◆飲み込み

→摂食嚥下障害を持つ子への訓練・支援

◆ことば

→ことばに遅れがみられる子への訓練・指導。何らかの原因でことばが出ない子、出づらい子への支援などです。

 

 

まずは子どものパターンを押さえよう

養成校では、あまり小児分野は勉強していないし、実習で小児施設に行けなかったという人も多いと思います。

 

「何をすれば良いのか分からない」

「何から勉強していけばいいの?」

 

そう感じているはずです。

 おすすめは、実際に子どもと接しながら、その子の行動パターンを覚えることです。

 

 

教科書通りの子どもはほとんどいない

子どものパターンとは、

・決まった歌が聞こえると笑う

・Yesのときに片方の口角だけ動く

・特定の場面で耳を塞ぐ

・楽しくなり過ぎた後には必ず泣く 

など、たくさんあります。支援者がそれらに「何でだろう?」と思うことで、ようやく支援のスタートラインに立ったといえます。

 

「この障害には、この療法を行う」が鉄則ではないの?

 そう思っている人も多いでしょう。しかし、「○○障害」という教科書通りの症状の子は、わりと少ないです。そのため、症状や言動からアプローチを決めていく必要があります。

 

 

「なぜ?」を活かすために

子どもの言動や反応をみて、

 

・なぜできたのだろう?

・なぜできなかったのだろう?

 

と考えることが大切です。

 そういう「なぜ?」を、施設で使っている理論や療法に当てはめて考えていきます。

 これが放課後等デイサービスで働きはじめたSTの第一歩なのではないでしょうか?

 

 

 

保育職の考え方を知る

放課後等デイサービスには様々な職種のスタッフが参加しています。そのため、他職種がどのようなことを考えているのかを知ることが大事です。

まずは放課後等デイサービスの柱として働いている、保育職の考え方について学んでいくとよいです。

実際に保育スタッフから教えてもらうのもよし、本から学ぶのもよし。

基本的に保育職は子どもの気持ちを大切にしていて、それに寄り添う形で支援を進めていくことが多いです。言語聴覚士の養成校では習わなかった視点ですね。

 

おすすめの本は

「保育」という立場から子どもの発達について書かれています。言語聴覚士とは異なる視点でもあるので勉強になります。

 

 

あわせて読みたい 
www.hana-mode.com