言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

放課後等デイサービスで言語聴覚士の実習を受ける学生へ。実習生へ伝えたいこと

放課後等デイサービスで実習を行う学生に知っておいて欲しいこと

言語聴覚士の学生として、放課後等デイサービス(放デイ)で実習を受ける人も増えていると思います。しかし、放デイは、ことばの教室や病院と比べると、まだまだ認知されていないマニアックな分野です。そこで、今回は、実習に行く前に頭に入れておくとよいことを書いてみました。イメージが深まれば嬉しいです。

 

 

1)放課後等デイサービスの役割

①第3の場

子どもにとって「家庭」や「学校」ではない第3の場といえます。「落ち着くことのできる場」を目指している事業所も多いです。

 

②保育が中心

PTやOT,STが中心となって運営している事業所はその限りではありません。ほとんどの放デイは、訓練中心ではなく「保育」が中心です。「保育と共存するために、STはどのように関わっているのか?」は課題です。

 

③様々な視点

放デイには、保育職だけではなく、PT、OT、ST、看護師、歯科医師、小児科医、MT(音楽療法士)、プール指導、サッカー指導などの多くの職種が関わってる事業所が多くあります。いろいろな立場からの視点で子どもをみる、ということは、それだけ可能性が拡がると言うことができます。

 

2)放課後等デイサービスの中の言語聴覚士

①他の職種とのかかわり方

事業所によっては、すべての専門職が非常勤で働いているケースもあります。私の施設では、STのみが常勤職員です。そのため、役割としては

・保育職と他の専門職をつなぐ

・専門職からの助言や検査結果を翻訳する

などのコーディネイト的な役割を担っています。

 

②「ことば」だけみているわけではない

PT,OT,心理職などが常勤でいない施設では、必然的に、STは“専門職の代表”の意味合いが強くなります。ということは、子どもの「発達全般」を見る必要がある!ということです。(発達全般とは、言語・コミュニケーション以外にも、認知発達、情緒発達など)

※STの職域を超える領域のものは、PTやOT、歯科医師などに相談するようにしています。

 

3)子どもの見方 ―肢体不自由児の場合―

①反応が分かりにくい

→身体的な制限や、外界(自分より外の世界)へ興味を向けづらいことなどの理由から、何らかの

働きかけに対する反応が出なかったり、出づらかったりすることがあります。そのため、支援者は

・反応が出るまで待つ

・思い込みを捨てる

・生理的な変化も反応のひとつとして考える

などの配慮が大切です。

 

②働きかけの方法

・早口にならないように

・相手によってはサインや実物呈示も加えて

・物の呈示の仕方は、ゆっくりと

・子どもの顔が見える位置から話しかけたり物を呈示したりする

など、子どもの理解度などに合った働きかけを行うとよいです。

 

4)「実習生」として

①様々な人の協力があっての実習

実習生にとっては、資格取得のための授業の一環です。しかし、裏では、養成校の先生やバイザーのSTだけではなく、様々な人の協力で成り立っています。養成校の担任以外の先生や、実習先の責任者やその他スタッフなど。このことを忘れてはいけません。

 

②社会人・医療人として

挨拶やホウレンソウ(報告・連絡・相談)など、社会人として“当たり前”のルールは、出来て当たり前です。逆にいうと、出来ていないと様々な人から「なんだろう、この人は?」と思われてしまいます。

 

③子どもに対して

子どもに対しても、「障害や疾患を学ぶための実験材料」ではなく、「一人の子ども」として接してください。始めは、どのように接すればよいのか分からないことも多いと思います。「この子と楽しく遊ぶためにはどうすればよいのだろう?」「この子をみる(評価する)ためには、どこをみて、どう仮説を立てればよいのだろう?」と考え続けてください。関わっていくうちに、障害や疾患に対する偏見がなくなっていくはずです。

 

実際の臨床の場を肌で感じることの出来る機会です。誰も実習生に完璧は求めていません。自ら学ぼうとする姿勢、それが実習には欠かせないことなのではないでしょうか。

もちろん、最低限の知識は必要ですが・・・。

 

 

実習の心構えとして

1)実習は「単なる授業の一環」か?  
言語聴覚士(ST)になるためには、現場で実習を受ける必要があります。もしかしたら、実習先が自分の希望の分野でないかもしれません。希望通りにいく実習生の方が少ないと思います。
 
嫌々、実習に望んでいても、十中八九、バレます。例え、小児志望なのに成人施設へ実習に行くことになったとしても、STが子どもや患者さんに対して「どのように接しているのか?」「他職種のスタッフとの接し方の違いはあるのか?」など、養成校では学べないことをたくさん学ぶことができます。捉え方はたくさんあると思います。
 
 
2)実習は誰が準備してくれるもの?  
実習のために動いてくれるのは、実習担当の先生とバイザー(指導者)だけではありません。養成校の担任の先生をはじめ、様々な先生方や、実習先の施設の所長や多職種のスタッフたちも動いてくれています。今、自分の目に見えているものだけが全てではないのです。
 
 子どもの発達を捉えるときも「仮説」といかたちで想像をします。自分の言動によって他者に与える影響を想像します。考えることを止めないでください。考えてみて、分からなかったら自分で調べたり、知っていそうな人に聞いたりすればよいのです。
 
 
3)実習生はお客さんではない  
 実習は、黙って待っていれば役に立つことを教えてもらえる場ではありません。どんどん質問してみてください。それが「実習に対する意欲」として評価されることもあります。質問する際には「自分はこう思う」という意見を予め準備しておき、バイザーから聞かれたときに答えられるようにしておくと、なおよいと思います。
 
 養成校の先生方はもちろんですが、実習先のSTやその他スタッフも、実習生のことを応援しています。頑張っている実習生には、その分だけ知識や経験を教えてあげよう、と考えるバイザーも多いはずです。自分をよく見せようとし過ぎることはありません。真面目に一生懸命、“学生らしく”取り組めばよいのだと思います。