言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

子どものことも親御さんのことも信じているか?

子どものことは親が一番分かっている

いろんな現場で聞くことばです。マイナスの意味合いで使われることが多い気がします。

 

これは真実なのか?

 

半分、当たっていると思います。

 私自身も、親になるまでは、「センモンカの方が子どもの細かいところを分かってあげられるはず」と思っていました。しかし、生まれてからずっと子どもと一緒にいる親御さんだから見えていることはたくさんあります。

もちろん、親だからこその過大評価をしているケースもあります。それは、子どものことを信じていることの延長なのではないか?そう感じるようになりました。

 

あなたは、子どもをどのくらい、どのように「信じて」いますか? 子どもだけではなく、親御さんのことも「信じて」いますか?

私たちSTはセンモンカとして、どのように考え、子どもや親御さんと関わっていくのがよいのでしょうか?