言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

感情をコントロールすることが障害児保育でのポイント。怒りに負けない。

怒りをどこに持って行けばいいのか?

今回は「怒り」についてです。

言語聴覚士は、多職種との連携が多く、思い通りにことが進まないことが多いです。

仕事をしていると、子どもや同僚と関わっている際に「イラっと」してしまうことはあります。

 

・自分の言うことだけを聞いてくれない

・同じことを何度も繰り返す

・今までの常識や考え化通用しない

・時間がない  

 

などです。支援者が感情に任せて怒っていては仕事になりません。

 

 

 

 

自分は正しいという思い

さらに、『人は、なぜ他人を許せないのか?』(中野信子)では、

 

人は、なぜ他人を許せないのか?

中野信子 アスコム 2020年01月27日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

怒りの根底には正義がどこにあるのか?が関係していると言っています。

 

社会的に「正しいこと」にあてはまらないものごとには怒りを感じる。

正しい=正義

自分の考えることは正しい

相手が間違っている

怒る

「正義」を掲げているので、自分に非はない!

怒りはエスカレート

 

 

 

対応として

そんな時に私が心がけているのは、下記の2点です。

  

他のスタッフに対応を変わってもらう

ひとりで全てやろうとしても、上手くいかないことはたくさんあります。子どもとの相性の問題もあります。しかし、そのまま、お互いに怒っているよりは、対応を変わってもらって、自分がクールダウンする時間を作ることも大切です。他の人と変わってもらうことは、悪いことではありません。

 

視点を変える

「なんでこの子は、私の言うことを聞いてくれないの?」

・・・聞いてくれるわけがありません。

だって、今のその子にとって、大人の言うことを聞くメリットを感じていないわけですし。 そんな時は、視点を変えてみると良いです。子どもが余計なことばかりしていたら、

「何でそんなことをするのか?」
「原因は?」
「前後や周囲との因果関係は?」

など。そういう風に考えてみると、怒っている暇はなくなります。
 

 

なぜ許せないのか客観的に振り返ってみる

「なぜ自分はイライラしたのか?」を客観的に考えてみます。そうすることでクールダウンすることができます。

その場では難しいかもしれません。そういうときは保育が終わってから、ゆっくりと考えて、次回に備えるのでもOKです。

 

私は、自分が実際に「怒りそうな」場面に遭遇した時、上記の3つが有効でした。

 

 

 

追記

興味深い研究がありました。

『リハビリテーション専門職と職業性ストレスの関係について』という論文で、PT、OT,STのストレスの違いを調べたものです。

結果は、どの職種も心理的な仕事の負担には差がみられませんでした。

しかし、OTだけ、ストレスを感じている値や、疲労度が高かったのです。

この論文では、PTには身体の領域があり、STには言語の領域があります。

しかし、OTはどちらつかずな領域が多い。そのため、PTやOTにお伺いをたてながら仕事を進めることになり、ストレス値が高くなっているのではないか?と考察していました。

 

多職種のストレスを理解するようにしていると、相手もこちらを理解してくれるようになってきます。これも、みんなで気持ちよく働くための術だと思います。

 

 

 

 

参考資料

リハビリテーション専門職と職業性ストレスの関係について
日置 久視,井奈波良(平成 30 年 2 月 7 日受付)

http://www.jsomt.jp/journal/pdf/066060459.pdf

 

 

投稿日:2018年10月14日

更新日:2020年4月7日