言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

放課後等デイサービスの1日の流れ。言語聴覚士(ST)業務内容とは?

放課後等デイサービスの一日(言語聴覚士)

 

「放課後等デイサービス」と聞いただけでは、1日をどんなふうに過ごしているのか分かりづらいと思います。下記は、一日の流れ(例)です。

 

 

平日の流れ

 

9:00  出勤

10:00 午前中は事務作業

11:00 (評価、検査準備、資料作成、話し合いなど)

12:00 休憩

13:00 学校お迎え出発

14:00 施設到着、トイレ、水分摂取など

15:00 設定保育・おでかけ・検査など(日によって異なる)

16:00 おやつ

16:30 帰りの会

17:00 帰りの車送迎(重症心身障害児のみ)

 

・特別支援学校によって下校時間は異なります。

・子どもの学年によっても時間は異なります。

 

◆上記の流れに加えて、PT・OT・歯科医師などに来てもらって、子どもをみてもらうこともあります。ごく稀に、個別訓練を依頼されることもあります。その際は、活動の時間に、対象の子だけ別の部屋で訓練を実施しています。

◆基本的には、保育スタッフとともに、一緒に活動に参加しています。その中で、気になる様子をスタッフに伝えたり、一緒に考えてもらったりもしています。

◆夏休みなどの長期休暇中は、子どもたちは朝から来るので、STも1日中、保育活動に参加しています。

◆放課後等デイサービスに、子どもが来るのは、基本的には学校が終わってからです。午前中の空き時間をうまく使うことが求められます。仕事を振られない限り、自分で仕事を作ることが多いです。

 

 

休日・長期休み中の流れ

 

9:00    出勤、送迎(重症心身障害児のみ)

10:00   子ども来所、朝の会

11:00    集まり活動、設定保育など

12:00    昼食

13:30    片付け、午後の準備など

14:00    おでかけなど

15:30    帰りの準備、帰りの会

16:00    子ども引き渡し、送迎(重症心身障害児のみ)

    掃除、事務作業など

17:00    退勤

 

・おでかけは、公園、博物館、プールなど様々です

・夏休みなどはAMから出かけて、13:00頃から施設で昼食をとることもあります

・時々、昼食づくりや外食をすることもあります

 

放課後等デイサービスには様々な形態があります。上記は一例だと思ってください。私は、日々こんな感じで働いています。

 

〈追記 2019.11.15〉→休日の流れ