言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

「イヤーモールド」のはなし【言語聴覚士が知っておきたいこと④】

イヤーモールド

イヤーモールドとは、耳の型を採った耳栓です。補聴器業界にいないと全くお目にかからない「イヤーモールド」。言語聴覚士の方は覚えていますか?学生時代に習った、あれです。

今回は、イヤーモールドについてです。

 


どうやって使うの?

補聴器として使うのであれば、耳かけ型補聴器の先につけます。既成のイヤーチップもあるのですが、それでは耳に合わない人もいます。また、音を大きくしないと聞こえない人もイヤーモールドをつけて耳穴の隙間をなくします。

補聴器以外にも、歌手の人がイヤホンとして耳につけています。TVに映るときる見えるあれです。歌手の人のイヤーモールドは、ラメが入ったり色がついていたり、おしゃれなタイプが多いです。

 

 

値段は?

イヤーモールドだけで10,000円弱が相場です。補聴器販売店や耳鼻科(補聴器取り扱いのあるところ)で作ることができます。しかし、イヤーモールド単体で販売していないことろもあるので注意が必要です。

通販でも印象剤(耳型を採る際の粘土みたいなもの)セットが売っています。しかし、知識のない人が耳型採取を行うのは危険を伴います。鼓膜が破れたり、印象剤が取れなくなったり・・・。私が補聴器店で働いていたときでさえ、いくつも店員による事故を耳にしました。・・・恐ろしい。

通販だと安く済む、とお思いかもしれませんが、自己の際の手術代金など含めると、かえって高くつきます。

 

 イヤーモールドは、素材もいくつかあります。

・ハード

・ソフト

着け心地や耐久性が変わってきます。

ハードと比べると、ソフトの方が若干金額が上がります。

 

 

イヤーモールドのメリット

耳型はその人によって異なります。なので、毎回、型を取ってイヤーモールドを作るのです。しっかりと穴をふさぐことができれば、耳穴から音が漏れにくくなります。また、落ちにくくもなります。メリットとしては下記の3点です。

 

① ハウリング防止

② 保持が良くなる

③ 音響特性を安定させる

 

※高度、重度難聴の人は出力が高く必要です。そのため、ハウリングが起こりやすい。

 

 

耳型採取

耳穴型(挿耳型)補聴器やイヤーモールドを作るためには、耳型を採ることが必要です。その際、耳鼻科医の関与も必要となります。言語聴覚士は耳型採取の実施が認められています。しかし、養成校ではほとんど学んでいないのが現状です。

 

手順

① 綿球を入れる

② 空気が入らないように印象剤をゆっくり内部へ

③ 固まったら空気を抜きながらとる

 勢いよくやると鼓膜が破ける危険性あり
 (印象剤、鼓膜感が陰圧になるため)

 

w250

 

 

注意点

① 手術をしてことがある耳では、外耳道の形が変わっていることがある

耳栓が抜けなくなるケースがある

→耳鼻科医に取ってもらう

ex.外耳道形成術、中耳根治術、鼓室形成術など


② 印象剤が残らないように

摘出が大変。最悪、手術になります。


③ 中耳炎をやった人

→鼓膜が薄くなっている(萎縮している)可能性あり破けやすい。


④ 外耳炎を起こすケースがある

→印象剤による刺激

 

CICと呼ばれる、外耳の骨部まで入れるタイプを作るときには、第1カーブまで印象剤を入れる必要がある。

 

 

まとめ

イヤーモールドとは

・既成のイヤーチップでは耳穴に合わない

・出力を高くしたい

・ハウリングを抑えたい

 

最近では様々な色も出てきており、おしゃれになってきています。

補聴器=隠すもの

という考えだったのが、若い人たちを中心に

補聴器=おしゃれを楽しむもの

という意識が強くなってきています。


ただの「福祉機器」から「楽しむもの」へ

素敵なことだと思います。

言語聴覚士も、そのお手伝いができたら、と思います。 

 

 

補聴器についてはこちらから

www.hana-mode.com