言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

障害児保育・療育

優しい気持ちになれるはなし (障害児保育のいいはなし)

とある保育スタッフの「大切にしていること」 私は、普段から、保育職と一緒に活動をしています。 話しをする機会も多いです。今回はその中で、心に残った話しです。 ① 楽しく過ごしてほしい 先日、保育スタッフと「保育で大切にしていること」について話し…

餅は餅屋 -どの職種に何をお願いするか-

保育職は子どもを全体的に支援するのだけれど 障害を持っている子と関わっていると、「何とかしてあげたい」と感じることがあると思います。しかし、“何にでも”首を突っ込んでしまうのも考えものです。 例えば、薬や医療的ケアについて。施設に看護師がいる…

高過ぎる評価・低すぎる評価をしていませんか?

理解する力 -高過ぎる評価と低すぎる評価- 「子どもの行動の理由」どうやって判断していますか? 支援者の声かけや質問に対して、妙にタイミングよく返事をする子がいます。いいタイミングで返事をしたり笑ったからといっても、その子が質問の意味を理解し…

障害児保育とは何なのか考えてみた

保育と療育 保育と療育 ​​障害児保育って何だろう 保育と療育の違い 保育と療育は対立すべきものではない 障害児保育の間違えた捉え方 長く一緒にいると 間違えた支援の捉え方​​ 何事もパッと見で判断しない​​​​​ ​​障害児保育って何だろう STが放課後等デイ…

目の前に見えるものだけ支援をするのではない

何に向けた支援なのか? 肢体不自由の子が歩けるようになるケースがあります。 歩けそうな子に対して、真っ先に「独歩」を保育の支援目標することがあります。 この「歩ける」というのは難しい問題だと思います。自分で歩けようになるということは、今まで座…

「できること」と「できないこと」

なぜできた?なぜできなかった? 発達に凸凹があると、得意なところ(もしくは苦手なところ)に目が行きがちです。 子どもの評価を依頼されて、いざその評価を提出してみると、 「そんなに能力が低いわけないじゃないですか」 「厳しすぎませんか?」 と(遠…

ジェネラリストとしての保育士・保育職

放課後等デイサービスにはたくさんの職種がいる 放課後等デイサービスには様々な職種が介入しています。そのすべての職種を把握していますか?もしもあなたが保育職なのであれば、保育職の専門性って何だと思いますか? 放課後等デイサービスにはたくさんの…

子どもに合った玩具や教具とは?

子どもの認知の発達によって、玩具の扱い方は変わってきます。パッと見、同じような発達段階にいるような子たちも、それぞれに「できること」「できないこと」、「得意なこと」「苦手なこと」があります。それらを把握したうえで、玩具の提供や介入の仕方を…

子どもを褒めていますか?

褒められていない子どもたち 障害を持った子の中には、認められたり、褒められたりする経験が、極端に少ない子がいます。「静かにして」 「やめて」 「ちゃんとして」 と何回も言われ続けている子がいます。 わざと大人が嫌がることをしているわけではなくて…

こどもの「居場所」をつくる意味って?

保育の支援目標で「居場所を見つける」と設定することがあります。 居場所=場所の提供 で終わりになっていませんか? 自分の居場所を見つけられずにウロウロし続ける子をよく見かけます。一つの場所にとどまっていられない要因は、子どもによって様々です。…

子どもの「力」を疑う前に

障害を持った子と関わっていると、様々な問題にぶつかります。 例えば、食事場面。今まで、特に問題もなく食べていたけれど、急に飲み込みが悪くなった、という子がいるとします。 このとき、原因を「食べる機能が低下したからだ」と安直に決めてしまうのは…

子どもに「寄り添うこと」と「感情移入し過ぎること」は違います

障害が重い子にどう向き合うのか? 重症心身障害児の子は、身体面に制限があったり、病気があったり、つらい立場に置かれていることがあります。確かに、その子に寄り添うことは必要です。 子どもがつらそうな時、それに引っ張られてしまうタイプの支援者が…

「遊びが拡がらない」「上手く遊べない」の原因とは?

重症心身障害児と遊び(何をやっても反応が薄い①) 「遊びが拡がらない」「上手く遊べない」保育の中でも、多くあげられる問題点です。特に、発達が初期段階のお子さんの場合、支援者から働きかけをしていかないと、何も始まらず、時間だけが過ぎてしまいま…

子どものことも親御さんのことも信じているか?

子どものことは親が一番分かっている いろんな現場で聞くことばです。マイナスの意味合いで使われることが多い気がします。 これは真実なのか? 半分、当たっていると思います。 私自身も、親になるまでは、「センモンカの方が子どもの細かいところを分かっ…

何のためにサインを使うのか?

サイン指導について 手話やマカトン、ホームサインを使っている子はけっこういます。これから取り入れようとしている子もいると思います。 昔は、サインを使うとことば(音声)が出なくなると言われていました。しかし、今は、その逆で、サインを使うことは…

どんな障害にも効く「万能な支援法」がない理由

「どんな障害にも効く、とっておきの支援法はありますか?」こういう質問は意外と多いです。では、専門職としてどのように対応していくとよいのでしょうか?