言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?

放課後等デイサービスで言語聴覚士(ST)としてできることを模索しています

スポンサーリンク

『感覚と運動の高次化理論からみた発達支援の展開』待ちに待った新刊です!

障害児施設で働く新人スタッフにおすすめの本を紹介します。感覚と運動の高次化理論の新刊が出ました。STやOTは読んでおくとよいと思います。もちろんそれ以外の保育スタッフもぜひ!

特別支援学校の給食の食形態って日本全国どこでも同じなの?

特別支援学校では子どもの「食べる力」あわせた給食の食形態を用意しています。この「食形態」は全国どの特別支援学校も同じなのでしょうか?この基準を探っていきます。

特別支援学校の卒後って進路はどうなるの?障害児と卒業後のはなし

特別支援学校を卒業した後、子どもたちは何をしているか知っていますか?実はいろんな進路があります。今回は障害児と卒後についてのはなしです。

おすすめの離乳食用調理セットを紹介します!手元調理でおやつを加工してみよう!

障害のない子とおなじお菓子を食べさせてあげたい!ちょっと加工するだけで食べやすさは格段に上がります。形は変わるかもしれませんが、同じ味を楽しむことができます。今回はRichell(リッチェル)の「おかゆが作れる離乳食調理セット」を使っています。

子どもの噛む力は思っている以上に弱い!大人と子どもの咬合力の違いとは?

子どもは私たちが思っている以上に噛む力が弱いです。障害がある子の中にも噛む力が弱い子は多くいます。今回は子どもと大人、動物の噛む力(咬合力)を比較していきます。

喃語は国によって違うの?喃語の発達とことばの獲得までの流れは?

赤ちゃんが「あー」や「バブー」と言うのが喃語(なんご)です。では、kの喃語はいつ頃からどのように獲得していくものなのでしょうか?海外の赤ちゃんの様子も含めて紹介します。

子どもにストローを使わせるのはOK?発達的に考えてみた。

コップとストロー。発達的にはどっちで飲む方がよいのか? 子どもの水分摂取には様々な方法があります。コップ、ストロー、スプーン、レンゲ、吸い飲み、シリンジなど。発達や障害など、子どもの状態に合わせて使うことがベストです。では、賛否両論である「…